0コメント

在宅でできる副業14選!おすすめの選び方や注意点も紹介

はじめに

※スマホの方、見辛くてすみません。
次回以降改善していきますので、
よろしくお願いします。
在宅でできる副業は、コロナ禍で需要が高まっています。
在宅で働くメリットは多く、自分の時間を有効に使えたり、
通勤費やランチ代を節約できたりします。
しかし、在宅で働くデメリットもあります。
自分でスケジュール管理をしなければならなかったり、
孤独感やモチベーション低下に悩まされたりします。
そこで、この記事では在宅でできる副業の種類や選び方、注意点などを紹介します。
在宅で働きたい人や副収入を得たい人はぜひ参考にしてください。

在宅でできる副業の種類

在宅でできる副業は大きく分けて以下の5つのカテゴリに分類できます。
- 物販系
- スキル系
- 手軽系
- 投資系
- シェアリング系
それぞれのカテゴリについて詳しく見ていきましょう。
物販系
物販系の副業とは、インターネット上で商品を売買することです。
代表的なものに以下のようなものがあります。
- せどり
- ネットショップ運営
- 輸入ビジネス

物販系の副業のメリットは、高収入が期待できることや、
自分の趣味や好みに合わせて商品を選べることです。
デメリットは、元手や在庫管理が必要なことや、
競合他社との差別化が難しいことです。
スキル系
スキル系の副業とは、自分が持っているスキルや知識を活かして仕事をすることです。
代表的なものに以下のようなものがあります。
- プログラミング
- webライター
- 動画編集

スキル系の副業のメリットは、自分の得意分野や興味分野で仕事ができることや、
スキルを磨くことができることです。
デメリットは、スキルや経験によって収入が左右されることや、
好きなことを好きなように書けるわけではないことです。
手軽系
手軽系の副業とは、特別なスキルや知識がなくてもできる簡単な仕事です。
代表的なものに以下のようなものがあります。

- 自己アフィリエイト
- アンケート回答
- データ入力

手軽系の副業のメリットは、誰でも始めやすいことや、
空いた時間にサクッとできることです。
デメリットは、収入が低いことや、単純作業が多いことです。
投資系
投資系の副業とは、自分のお金を増やすために投資をすることです。
代表的なものに以下のようなものがあります。

- 株式投資
- FX
- 仮想通貨

投資系の副業のメリットは、高額な利益が得られる可能性があることや、
自分で時間や場所を選べることです。
メリットは、元本が減るリスクがあることや、知識や情報収集が必要なことです。
シェアリング系
シェアリング系の副業とは、
自分が持っているものや空いている時間を他人に貸したり提供したりすることです。
代表的なものに以下のようなものがあります。

- 民泊
- レンタルサービス

シェアリング系の副業のメリットは、
自分が使わないものや時間を有効活用できることや、人との交流ができることです。
デメリットは、トラブルやクレームに対処しなければならないことや、
安全面や衛生面に気をつけなければならないことです。

在宅でできる副業の選び方

自分に合った副業かどうか
自分に合った副業かどうかは、自分のスキルや知識、
興味や好みによって変わります。
自分が得意なことや好きなことを仕事にすると、
モチベーションも高まりますし、成果も出やすくなります。
逆に苦手なことや嫌いなことを仕事にすると、
ストレスが溜まりますし、続けるのも難しくなります。
副業にかけられる時間や予算はどれくらいか
副業にかけられる時間や予算は、自分のライフスタイルや本業によって変わります。
在宅で働く場合でも、仕事をするために必要な道具や環境を整えたり、
クライアント
とのやりとりをする時間が必要になります。
副業にかけられる時間や予算は、自分の目標や状況によっても変わります。
例えば、月に10万円稼ぎたいという目標があるなら、
それに見合った時間や予算を割く必要があります。
逆に、副業は趣味の延長として楽しみたいという人は、
時間や予算をあまり気にしなくてもいいでしょう。
副業から得られる収入や満足度はどれくらいか
副業から得られる収入や満足度は、副業の種類やクオリティによって変わります。
一般的に、物販系や投資系は高収入が期待できますが、リスクも高いです。
スキル系やシェアリング系は中収入が期待できますが、スキルや経験が必要です。
手軽系は低収入ですが、誰でも始めやすいです。
また、自分の好きなことや得意なことを仕事にできると、満足度も高くなります。

在宅でできる副業の注意点

在宅でできる副業は魅力的ですが、注意点もあります。
以下に挙げる3つのポイントを押さえておきましょう。

1. 本業とのバランスを考える
2. 税金や保険などの手続きをする
3. 自己管理やコミュニケーションをしっかりする
本業とのバランスを考える
本業とのバランスを考えるとは、副業が本業に影響しないようにすることです。
副業で稼ぐことは大切ですが、本業をおろそかにしてしまっては元も子もありません。
本業の就業規則や契約内容を確認し、副業禁止や制限がないかチェックしましょう。
また、本業の時間やパフォーマンスに影響しないように、
副業の時間や量を調整しましょう。
税金や保険などの手続きをする
税金や保険などの手続きをするとは、
副業から得た収入に対して必要な申告や支払いをすることです。
副業から得た収入は所得税の対象となります。
年間20万円以上稼いだ場合は確定申告が必要です。
また、年間103万円以上稼いだ場合は
国民年金の第2号被保険者から第3号被保険者に変わります。
その場合は国民年金の加入手続きや支払いが必要です。
さらに、年間130万円以上稼いだ場合は
国民健康保険から社会保険への切り替えが必要です。
その場合は社会保険への加入手続きや支払いが必要です。
自己管理やコミュニケーションをしっかりする
自己管理やコミュニケーションをしっかりするとは、
在宅で働く際に必要なスキルを身につけることです。
在宅で働くメリットは自分の時間を自由に使えることですが、
デメリットは自分でスケジュール管理や
モチベーション管理をしなければならないことです。
また、在宅で働くと人との交流が減ります。
そのため、クライアントや仲間との
コミュニケーションを積極的に取ることが大切です。
オンラインツールやSNSを活用して、
情報交換や相談、フィードバックなどを行いましょう。


まとめ

この記事では、在宅でできる副業の種類や選び方、注意点などを紹介しました。
在宅で働くことはメリットもデメリットもありますが、
自分に合った副業を見つけて、
収入や満足度を高めることができれば、より豊かな生活が送れるでしょう。
副業に興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

この記事へのコメント