0コメント

【2023年版】会社にバレない副業の選び方|おすすめランキングTOP5

副業で収入を増やしたいけど、会社にバレたらどうしよう…そんな不安を抱えていませんか?実は、会社にバレない副業はたくさんあります。この記事では、バレない副業の選び方やおすすめの副業を紹介します。あなたにぴったりの副業を見つけて、安心して稼ぎましょう!

1. 会社にバレない副業とは?

多くの方が副業を始めたいと考える一方で、会社に副業をバレてしまうことへの不安も拭えないことでしょう。実は、会社にバレずに副業を行う方法は存在しますが、その選択には一定の条件やリスクが伴います。この記事では、会社にバレない副業の定義やそのリスク、そしてメリットとデメリットについて詳しく解説します。

- 会社にバレない副業の定義とリスク

「会社にバレない副業」とは、文字通り、本業以外の仕事を、会社や同僚に秘密にして行うことを指します。しかしこの条件は結果論に基づくものであり、副業自体が違法であるわけではありません。ただし、会社の規則や雇用契約によっては副業が禁止されている場合もあるため、慎重に対処する必要があります。

従って、会社にバレないように副業を行うためには、以下のポイントに注意が必要です。

  • 確定申告を行う
  • 住民税の納付方法を調整する
  • 同僚や知人に秘密にする
  • SNS上で個人情報を公開しない
  • 本業と競合しない副業を選ぶ
  • 在宅で行える副業を検討する

これらのポイントを遵守すれば、会社にバレるリスクは低くなりますが、ゼロではないことを認識しておくべきです。もし副業が会社にバレてしまった場合、始末書の提出、給与の減額、降格、解雇などの処分が科せられる可能性があるため、副業は自己責任で行うべきです。


- 会社にバレない副業のメリットとデメリット

会社にバレない副業には、以下のようなメリットとデメリットが存在します。メリットとしては、以下が挙げられます。

  • 収入の増加
  • スキルや知識の向上
  • 興味を持つ分野での活動
  • キャリアチェンジや独立へのステップ

一方、デメリットとしては、以下が考えられます。

  • 時間と体力の負担増加
  • 精神的なストレスの増加
  • 本業のパフォーマンス低下の可能性
  • 法的・税務的な問題へのリスク

会社にバレない副業を選抶する際には、これらのメリットとデメリットを検討し、本業との調和、優先順位を確立することが大切です。


2. 会社にバレない副業の選び方【3ステップ】

会社にバレない副業を選ぶためには、以下の3つのステップを踏むことが必要です。

- ステップ1:自分の会社の規定や法律を確認する

まず、自分の会社が副業を許可しているかどうかを確認する必要があります。会社によっては、副業を禁止している場合や、事前に申請や報告が必要な場合があります。また、競業他社や取引先などとの利害関係に注意する必要もあります。

副業の許可や禁止に関する規定は、就業規則や社内規程、雇用契約書などに記載されています。これらの文書を確認して、自分の会社の副業に関するルールを把握しましょう。もし不明な点があれば、人事部や上司に相談することもできますが、副業の意思を伝えることになるので注意しましょう。

また、会社の規定だけでなく、法律にも違反しないようにしなければなりません。特に、以下の3つの法律に注意する必要があります。

  • 労働基準法
    • 労働基準法では、1日の労働時間は8時間以内、週の労働時間は40時間以内と定められています。 これを超えると違法となります。副業をする場合は、本業と合わせてこの時間内に収めるようにしましょう。
  • 著作権法
    • 著作権法では、自分が作成した文章や画像、音楽などの著作物には著作権が発生します。 これらの著作物を無断で使用したり、他人に譲渡したりすると違法となります。副業で著作物を扱う場合は、著作権者の許可や契約を得るようにしましょう。
  • 秘密保持契約
    • 秘密保持契約とは、会社や取引先などとの間で交わす契約で、業務上知り得た秘密情報を外部に漏らさないことを約束するものです。 この契約に違反すると、損害賠償や刑事罰の対象となります。副業で秘密情報を利用したり、公開したりすることは絶対に避けましょう。

以上のように、会社の規定や法律を確認することは、会社にバレない副業を選ぶための第一歩です。自分がどんな副業をしても大丈夫かどうかを判断する基準としてください。


- ステップ2:自分の時間や場所、スキルなどを考慮する

次に、自分が副業で何ができるかを考える必要があります。副業は本業よりも優先度が低いものですから、本業に支障をきたさないようにしなければなりません。そのためには、自分の時間や場所、スキルなどを考慮して、自分に合った副業を選ぶことが大切です。

具体的には、以下のような点を考えてみましょう。

  • 時間

    • 副業に使える時間はどれくらいか?
    • 副業は本業の前後や休日に行うか?
    • 副業は定期的に行うか不定期に行うか?
  • 場所

    • 副業は自宅でできるか外出しなければならないか?
    • 副業は本業と同じ場所でできるか別の場所に移動しなければならないか?
    • 副業はインターネットやパソコンなどの機器が必要かどうか?
  • スキル

    • 副業に必要なスキルは何か?
    • 自分はそのスキルを持っているかどうか?
    • スキルを習得するためにどれくらいの時間や費用がかかるか?

これらの点を考えることで、自分が副業でできることやできないことが明確になります。例えば、本業の前後や休日に自宅でインターネットを使って副業ができる人は、在宅でできる副業やスキルが身につく副業がおすすめです。一方、本業と同じ場所や時間に副業ができる人は、給与所得になる仕事や人目につく仕事を避けるべきです。

自分の時間や場所、スキルなどを考慮して、自分に合った副業を選ぶことは、会社にバレない副業を選ぶための第二歩です。自分がどんな副業が向いているかを判断する基準としてください。


- ステップ3:会社にバレない対策やコツを実践する

最後に、会社にバレない対策やコツを実践する必要があります。会社にバレない副業を選んだとしても、不注意やミスで会社にバレる可能性はゼロではありません。そのためには、以下のような対策やコツを実践することが大切です。

  • 確定申告や住民税の納付方法について調べる

    • 副業で得た収入は確定申告や住民税の対象となります。これらの手続きをする際には、会社にバレないように注意する必要があります。例えば、確定申告では青色申告ではなく白色申告を選ぶことや、住民税は納付書ではなく口座振替やクレジットカード払いを選ぶことがおすすめです。
  • SNSやインターネットで情報漏洩しないように注意する

    • SNSやインターネットは便利なツールですが、同時に情報漏洩の危険もあります。副業に関する情報をSNSやインターネットで公開したり、共有したりすることは避けましょう。特に、本名や顔写真、勤務先などの個人情報は絶対に公開しないようにしましょう。
  • 給与所得になる仕事や人目につく仕事は避ける

    • 給与所得になる仕事とは、雇用契約を結んだり、源泉徴収票を発行したりするような仕事のことです。このような仕事は、会社にバレやすいだけでなく、本業との競合や二重労働のリスクも高いです。 人目につく仕事とは、テレビや雑誌などのメディアに出たり、イベントやセミナーなどに参加したりするような仕事のことです。このような仕事は、会社の同僚や上司に知られる可能性が高いです。 これらの仕事は、会社にバレない副業としては不向きです。

以上のように、会社にバレない対策やコツを実践することは、会社にバレない副業を選ぶための第三歩です。自分がどんな対策やコツを実践するかを決める基準としてください。


3. 会社にバレない副業おすすめランキングTOP5

ここまで、会社にバレない副業の選び方や注意点を紹介しました。では、具体的にどんな副業が会社にバレにくいのでしょうか?ここでは、在宅でできる副業やスキルが身につく副業など、会社にバレにくい副業をランキング形式で紹介します。各副業の内容やメリット・デメリット、始め方や収入例などを詳しく解説します。

- 第1位:プログラミング
プログラミングとは、コンピューターに命令を与えるための言語を使って、ソフトウェアやアプリケーションを作成することです。プログラミングは、インターネットやスマートフォンの普及に伴って需要が高まっており、高収入が期待できる副業です。

メリット

  • 在宅でできる
  • スキルが身につく
  • 高収入が得られる

デメリット

  • 学習コストがかかる
  • 競争が激しい
  • 著作権や契約などの問題に注意が必要

始め方

  • プログラミング言語を選ぶ
  • オンライン教材や書籍などで学習する
  • ポートフォリオや実績を作成する
  • クラウドソーシングサイトやフリーランスサイトで仕事を探す

収入例

  • 時給:2000円~5000円
  • 月収:10万円~50万円
- 第2位:Webライティング

Webライティングとは、インターネット上で公開される文章を作成することです。Webライティングでは、SEO(検索エンジン最適化)やマーケティングなどの知識が必要です。Webライティングは、在宅でできる上に、案件数も多い副業です。

メリット

  • 在宅でできる
  • 案件数が多い
  • スキルが身につく

デメリット

  • 報酬が安い場合がある
  • 納期や品質に厳しい場合がある
  • 著作権や契約などの問題に注意が必要

始め方

  • Webライティングの基礎知識や技術を学ぶ
  • ポートフォリオや実績を作成する
  • クラウドソーシングサイトや記事作成代行会社などで仕事を探す

収入例

  • 1文字あたり:1円~10円
  • 1記事あたり:500円~5000円
  • 月収:5万円~30万円

- 第3位:ブログ・アフィリエイト

ブログ・アフィリエイトとは、自分のブログに商品やサービスの紹介リンクを貼り、そのリンクから購入や登録があった場合に報酬を得ることです。ブログ・アフィリエイトは、自分の好きなテーマでブログを運営できる上に、収入が安定しやすい副業です。

メリット

  • 自分の好きなテーマでブログを運営できる
  • 収入が安定しやすい
  • SEOやマーケティングのスキルが身につく

デメリット

  • 利益が出るまでに時間がかかる
  • 競合が多い
  • ブログの更新や管理に労力がかかる

始め方

  • ブログのテーマやターゲットを決める
  • ブログのドメインやサーバー、プラットフォームを選ぶ
  • ブログのデザインや機能を設定する
  • ブログに記事を投稿する
  • アフィリエイトプログラムに登録し、紹介リンクを貼る

収入例

  • 1クリックあたり:10円~100円
  • 1成約あたり:100円~10000円
  • 月収:1万円~100万円

- 第4位:スキル販売

スキル販売は、オンライン上で自身のスキルや知識を提供することを指します。この方法は、自分の得意分野で収益を得られるばかりでなく、自己価値を向上させる機会も提供してくれる副業です。

メリット

  • 自身の得意なスキルを活かせる
  • 自己価値向上の機会がある
  • 仕事のペースを自由に調整できる

デメリット

  • スキルや知識が不要な場合もある
  • 価格設定とクライアント獲得が難しいこともある
  • 高品質のサービス提供が必要

始め方

  • 自身のスキルや知識を明確にする
  • スキル販売プラットフォームやソーシャルメディアでサービスを宣伝する
  • 価格設定と支払い方法を決定する
  • クライアントとのコミュニケーションを通じてサービスを提供する

収入例

  • 一回あたり:500円~50,000円
  • 月間収入:5,000円~50,000円

- 第5位:データ入力・文字起こし

データ入力・文字起こしは、音声や画像、紙媒体などからテキストデータへの変換作業を指します。この副業は特別なスキルや知識が不要で、自宅から作業が可能です。

メリット

  • 特別なスキルや知識が不要
  • 自宅からの作業が可能
  • 多くの案件が存在

デメリット

  • 報酬が低い場合もある
  • 納期と品質に対する厳しい要求がある場合がある
  • 眼や肩などへの負担が大きい

始め方

  • パソコン、インターネット、ヘッドフォンなどの必要な機材を準備
  • クラウドソーシングサイトや文字起こしサイトで仕事を検索
  • 必要なテストや審査に合格
  • 依頼されたデータを入力または文字起こしする

収入例

  • 1文字あたり:0.1円~1円
  • 1時間あたり:500円~2,000円
  • 月収:1万円~10万円

4. まとめ

この記事では、会社にバレない副業の選び方とおすすめの副業について紹介しました。会社にバレない副業を選ぶ際には、以下の3つのステップを踏むことが必要です。

  • ステップ1:自身の会社の規定や法律を確認する
  • ステップ2:自身の時間、場所、スキルなどを考慮する
  • ステップ3:会社にバレないための対策やコツを実践する

また、会社にバレにくいおすすめの副業は以下の5つです。

  • 第1位:プログラミング
  • 第2位:Webライティング
  • 第3位:ブログ・アフィリエイト
  • 第4位:スキル販売
  • 第5位:データ入力・文字起こし

あなたにぴったりの副業を見つけて、安心して収入を増やす一助にしてください!


この記事へのコメント